体が歪むわけ

体は 同じ姿勢や、癖などにより 習慣化された動作に適応しようとします。

なるべく 省エネで体を動かそうとする傾向があり、そのためなるべく小さな動作で済ませようとしてしまいます。

 

そうすると、本来なら動くべきはずである稼働域を使わず小さな範囲でのみの筋肉の運動になってしまうことで 体が委縮してきてしまいます。

 

体の姿勢を支えているのが 骨と思われがちですが、実は骨だけでなく、 その周りの筋肉や筋膜があなたの姿勢をつくっているのです。

同じ姿勢をすることで、その筋膜の中に含まれるエラスチンという物質が 筋膜のコラーゲンと癒着を始め固まってきてしまいます。

 

固まってきた筋膜により体はその歪んだ姿勢のまま元に戻すことが困難になってきました。

 

 

このため従来のマッサージや指圧などで行われる筋肉へのアプローチのみでは一時的にはリラックスするが、満足なリラックスが得られないのではないだろうかと疑問を感じ、より深いリラックス、より長時間のリラックスはどうすればよいのか?研究に研究を重ねようやく現在の形になってきました。

 

その観点から、新しい施術方法としてLMSバランスセラピー・K-yoga が考案されました。